メルマガ購読・解除
株式投資の王道 バリュー投資で着実に富を増やす
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 
★無料メルマガ始めましたっ(^ω^)! ブログにはでない丸秘情報もあります。
また登録しておくと、更新情報がすぐに分かって、すっごく便利です!(^ー^)

2011年03月24日

株を買い損ねた。上がっていくのをただ見ていることしかできなかった。


今回の大きな下げに乗じて、
株を買おうと決めていた。

なぜならば、
前回、リーマンショックの後に、
ワークスアプリケーションを買って利益が出ている状態だからだ。
(ワークスは、MBOが成立してた。そのことはまた後に記事を書く)

何よりも、
プロは皆が投げ売っているときに、株を買うものだ。
逆に、今どんどんあがっているから自分も買ってみようというのは、ダメな買い方。

というわけで、買うぞ買うぞと時期をうかがっていました。

銘柄として目をつけていたのは、次の3銘柄。
いずれにしても、PERが10に近い株を対象として考えた。
  • 【3633】(株)paperboy&co.
  • 【7974】任天堂(株)
  • 【9437】(株)NTTドコモ
任天堂は良い展望がありそうだ(細かい理由は書かないが・・)と思ったが、
単価が高いために買えない。

SBI証券ならば、ミニ株など制度があって買うことができるが、
普通の株取引より手数料が5倍高かった
ので今回は見送り。

残るは二つ。

【3633】(株)paperboy&co.

は一番買いたいと思っていた株。しかし、値段が高いまま維持しているようだったので控えていた。

PBRは2.5ぐらいであったので少し高いかと思われたけども、
インターネット関連ならそれぐらい普通と判断。

PERが非常に良かった。
他の銘柄は、20、30、40というものがある中、
10以内、確か値下がりで9や8やぐらいまで来てた

さらに配当利回りが、株のパフォーマンスが同じならば、

株価が、(株価が〜なら配当利回り 優待ポイントを含めた利回り)
26万なら5.07% 7.3%
25万なら5.28% 7.6%
24万なら5.49% 7.9%
23万なら5.7% 8.2%
22万なら6% 8.6%
21万なら6.3% 9.0%
20万なら6.6% 9.5%
19万なら6.9% 10%
18万なら7.32% 10.5%
になると計算した。(配当利回りは買うときに決まる byウォーレンバフェット)

3月14日に買う人にとってはいい感じで、3,280から2,6106万7千円ほど落ちて
3月15日次の日、2,610から2,1105万円落ちた

6万5万と落ちたなら次に一万下がるぐらいは、容易なことだと考えた。

この結果を受けて、次のような方針を決めた。

次の日、20万ならひとつ買う。19万に落ちたらもう一つ買い
18万に落ちたらもうひとつ買うというもの。


お金が余れば、【9437】(株)NTTドコモにもお金をつぎ込もうという感じだ。

NTTドコモは、PER11.42とまずまず良く
PBRも1.17であり非常に割安株であり値下がりの確率が小さい安定株と見た。

配当利回りは、3.84とペーパーボーイとくれべれば少ない
もののそれでも安定的に配当がもらえる株だと判断できる。


= そして当日 =

結局その日から株価は、上昇に転じた。
20万で買えなかったため21万100円などで指値をしてみたが、ズルズルと上がっていった。

買いと売りの値幅があってなかなか取引が成立していないような状況だったので、

売値のところで買ってしまったらなんだか高くかわされてしまうような気がしたためだ。

でもそこで買っていれば、22万で買っていたとして、
その後一週間ほどで、29万ほどになったため、

その短期間に7万円も儲かっていたというのに。失敗した。

なぜ少々高くても早い段階で買わなかったかといえば、
前回のリーマンショックの時、ワークスをいい感じに下がったときに買ったのだが、

その後もズルズルと下がり続けたという経験があったからだ。

今28万ほどになっているが、今はもう買えない。
20万で買おうと思っていたものを一週間後、28万で買えるだろうか?

上がっていく株価をただ見ているしかできなかった

残念だが、でもしょうがない。
高掴みして後に損をするというリスクを考えればしょうがない
こと。

割りきって考えるしか無いが、残念であるという気持ちはなかなか拭えない。
他で気晴らしでもするしか無い。

もしくはまた何らかの理由で下がってきたら、その時にはまた出動するかもしれない。
臆病者のための株入門 (文春新書)臆病者のための株入門 (文春新書)
橘 玲

マネーロンダリング入門―国際金融詐欺からテロ資金まで (幻冬舎新書) 細野真宏の世界一わかりやすい株の本 知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語 (幻冬舎文庫) 世界にひとつしかない「黄金の人生設計」 「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計 (講談社プラスアルファ文庫)




sponsered link
posted by やすボーイ at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ☆株取引なしレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。