メルマガ購読・解除
株式投資の王道 バリュー投資で着実に富を増やす
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 
★無料メルマガ始めましたっ(^ω^)! ブログにはでない丸秘情報もあります。
また登録しておくと、更新情報がすぐに分かって、すっごく便利です!(^ー^)

2012年03月20日

ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け を読んだメモ

ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜けピーター リンチ ジョン ロスチャイルド Peter Lynch

ダイヤモンド社 2001-03
売り上げランキング : 4837

Amazonで詳しく見る
億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術 ピーター・リンチの株式投資の法則―全米No.1ファンド・マネジャーの投資哲学 株で富を築くバフェットの法則 「新版」世界最強の投資家に学ぶ12の銘柄選択法 全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦 ピーター・リンチの株の教科書―儲けるために学ぶべきこと
良い本だと思う。結果を出したいアマチュア投資家は読むべき。


◆読んだメモ
  • アマチュアはプロと違って制約がないから有利な立場にいる。
    • 何百銘柄保有しなければいけないなどという制約がない
    • 小さすぎるので買えないという事もない
    • ファンドマネジャーは、解雇されないために、IBMなどのブルーチップを買いたがる。
    • 誰も知らないような株を買って失敗し責任を取らされるのを嫌がる。
  • 機関投資家がまだ目をつけてなければとラッキー。
    • 機関投資家持ち株比率が低ければ低いほど良い。
  • 小売り株は、他のエリアで成功するかどうかを見てから買っても遅くない。
    • あとからでも十分儲けられる
  • 内部者が株を買っているかどうか。自社株買いを行っているか。どちらも良い兆候。
  • 資産株、低成長株、優良株、市況関連株、急成長株、業績回復株
  • アマチュアでも専門家が、何ヶ月もかかって得る情報を、日常の中から得ることが出来る。
  • インターネットが発達したおかげで、プロとアマの情報の差が縮まっている。
  • 忍耐強い事。観察は必ず報われる。
  • ストーリーの筋書きを見つける。
  • 少なくとも冷蔵庫を選ぶのと同じぐらいの労力を株を選ぶときに使う。
  • 多角化は、多悪化につながることが多いので疑ってかかる。
  • 絶好調の業界の人気株は気をつけたほうがいい。
  • 良いバーゲンの時期が二つある
  • 税金対策のための売りが出る時期10月から12月にかけて見られる強い売り
    • 機関投資家も末期にかけて、評価に向けて損失を一掃しようとする。
    • 機関投資家も、規則に触れるといけないので低位株を売る。
    • なので年末は、買いの絶好の時期。
  • 数年に一度起こる暴落や反落。堅調な株を安く買えるチャンス
  • 雑音効果
    • 証券会社の人が、話しかけてくる
    • 友人親族等の意見
  • テンバガー(10倍株)
  • 価格戦争に悪戦苦闘するコンピュータ会社よりは、それを使う側に投資する。
  • ニッチ産業であると良い
    • 穴場。人が注目しないので値段がつり上がらない。
  • 買いつづけなければいけない商品か。
  • 気の滅入る会社がいい
    • 投資家があまり注目しない。買うのをためらうような業種。
    • 廃棄物処理会社。葬儀屋など。
  • 代わり映えのしないまたは馬鹿げている社名
    • 平凡で退屈な程よい。安く買える。
  • 市況関連株
    • 自動車、航空、タイヤ、鉄鋼、化学
    • 防衛産業も時の政権の政策次第で上り下りする市況関連株。
    • 不注意な投資家が大きく失敗するのが市況株。
  • 低成長株
    • 電力会社など
  • カクテルパーティー理論
  • 不動産はいいもの
    • 株よりもいい。収益が安定。
  • この会社は上場しているか。


◆読んだ感想
2冊目に読んだピーターリンチ本。
バフェットの考え方に似てる。バリュー投資

以前トヨタなどが良いという記事を書いたけども間違っていなかったなあと思う。

この本によると、トヨタは、市況関連株に分類されるようだ。

景気循環によって大きく株が動く銘柄ということで、スイングトレードにもってこいの銘柄だということ。



sponsered link
posted by やすボーイ at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■株関係の本・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。