メルマガ購読・解除
株式投資の王道 バリュー投資で着実に富を増やす
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 
★無料メルマガ始めましたっ(^ω^)! ブログにはでない丸秘情報もあります。
また登録しておくと、更新情報がすぐに分かって、すっごく便利です!(^ー^)

2012年06月07日

バフェットの財務諸表を読む力 を読んだメモ

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール
メアリー・バフェット デビッド・クラーク 峯村利哉

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術 史上最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵 バフェットからの手紙 − 「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブル ウォーレン・バフェット 賢者の教え―世界一投資家思考の習慣 (経済界新書) ウォーレン・バフェット 巨富を生み出す7つの法則

バフェットが買う株はどんな株?
バフェットは財務諸表のどこを見るか?

◆読んだメモ
ベンジャミングレアムが師匠。
ベンジャミングレアムの方法
 過剰に売り込まれた株を長期的な適正価格よりも安く買っておけばやがて市場が間違いに気づき、適正価格に戻る。その時に売る。
 これがバリュー投資の基本とされている。

バフェットは、ベンジャミングレアムの方法の問題点に気づいた。
 PERなどを見るが、企業の本質的価値など考えなかった。
 10年後の投資先のビジネスがどうなっているかなど気にもしなかった。

財務諸表には宝の隠し場所が書かれている
 損益計算書 貸借対照表 損益計算書

永続的競争優位を持つ会社の株を買う。
永続性は金持ちへのチケット。
 「永続」かどうかが重要
 「一貫性」こそが、その指標。

プレイボーイを読む連中もいるが、私は年次報告を読む byバフェット
あなたは数えきれないほどの年次報告書を読まなければならない。 byバフェット

バークシャー・ハサウェイは繊維会社だったが、バフェットが株を買い占めて、バフェットのものになった。
PERを見て、バークシャー・ハサウェイを買ったが、繊維業界は斜陽産業だった⇒失敗⇒企業の本質的価値が大事だと学ぶ。
コカコーラ、ウォルマート(小売り)、リグリー(チューイングガム大手)

永続的価値があるなら、大バーゲンで買う必要もない。適正価格で買っても儲かる。
 もちろん安く変えればもっと儲かる
永続的価値のある企業さえわかれば、時間が、自分を超リッチにしてくれる。
優れた企業は、消費者の一部を所有している。
利益そのものの数字より、「利益の源がどこにあるか」ということの方が重要。

永続的競争優位を持つ企業は、粗利益率が高い!
 コカコーラ 一貫して60%以上
 リグリー 51%
 マイクロソフト 79% ソフト産業
 アップル 33% ハード産業

ビジネスの長期的価値を破壊するのは、営業経費
 開発研究費、販管費、債務に対する利払いコスト
 この三つに注意。

販管費(販売管理費)は一貫して低いのが望ましい。
 販管費は、宣伝費、従業員の給料、役員の報酬、弁護士費用、手数料など
 SAG費とも言う
 コカコーラ 一貫して粗利益の59%
 
法人税は真実の語り部
 営業利益に0.35をかけ、この結果が法人税額と一致していなければ、あやしい。
 永続的競争優位を持つ企業は、そもそも欺いたりする必要がない。

まず、純利益が右肩上がりかどうかを調べる
 少なくとも十年は見る。

棚卸資産の急激な増減がある企業は要注意。
変更のない製品を一貫して生産し続けることが出来れば、一貫した利益があげられる。

のれん代
 実際よりも高い値段で買収した場合に発生する。
無形資産を評価し、超リッチになる

バークシャーの経営権をとってから、配当を一再停止、現在含み益は、600億ドル。
 その間、1セントも税金を払っていない。

長期借入金より短期借入金が多い銀行は投資対象から除外する
永続的競争優位を持つ企業が、解決可能な一時的ミスをした時が買い時。
選択すべきは、自己株式調整済み負債比率が、0.80以下。
銀行業はレバレッジの比率が高い。
 不況になれば手堅い銀行が優位になる。
優れた企業は優先株を発行しない

内部留保の着実かつ長期的な増加があるかないか
自己株式の存在は、企業が豊富なキャッシュを持っている証。
 ROEの数字が向上する!
株主資本利益(ROE)が高ければやがて株価の上昇となって表れる。
 コカコーラ 30%
 リグリー 24%
 ハシーズ 33%
 ペプシ 34%

成長に大量の資本を必要とする企業と、成長に資本を必要としない企業とでは、天と地ほどの差がある。byバフェット
配当アップよりも自社株買いを続けれいる企業を選ぶ。
 配当を受け取った株主は税金を払わなければならない。
 配当の増額よりも自社株買いをするべき。

バフェットだって株を得る場合がある
 高く見積もれすぎていて、他にもっと有望な投資先があるとき
 永続的価値を失いそうなとき

◆読んだメモ
大変勉強になった(^^)
これでまたかファイナンシャルIQが高くなったと思う。

今買ったいる株が、これらの条件を満たしているかどうか
また検証してみたいと思う。

非常に満足(^^)



sponsered link
posted by やすボーイ at 04:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■株関係の本・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。