メルマガ購読・解除
株式投資の王道 バリュー投資で着実に富を増やす
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 
★無料メルマガ始めましたっ(^ω^)! ブログにはでない丸秘情報もあります。
また登録しておくと、更新情報がすぐに分かって、すっごく便利です!(^ー^)

2013年02月27日

アノマリー効果と季節 2013年 4月5月に注意!?

必ずそうというわけではないけれども、なぜかそうなることが多い
一年の株価の流れというものがあります。

それをアノマリーといいます。
なぜアノマリーが存在するのか?
 

◆アノマリーが存在する理由

なぜそうなるのかというと、

普通、ファンドなどの新規予算が、年のはじめから入ってくるので、
その予算で株を買う事になる。

そうすると、1月ぐらいから株があがるってことになりやすいということです。
過去2、3年そういう風になっているのを確認できると思います。

日経平均過去5年のチャート

その後、4月5月から夏、冬にかけて下がってる感じです。
こういうのを夏枯れ、冬枯れいいます

◇夏は、欧米のお金持ちは、バカンスに行ってるために、
手薄になっていると言われています。閑散期。


は、ファンドなどは、どんな株をいくら持っているかを
報告しなければならず、ダメな株を持っていると叩かれやすくなる
ので、
売ってスッキリするらしいです。

(売買記録を全て公開しなくてはいけないのではなく、
 ある時点での保有記録を提出すればいいという決まりになっています。)

もしほんとに今年もこうなるとするならば、
去年の年末か、今年の年始に買って、

その後上がりきった3月末か、4月の早めに売っておくっていうのが
セオリー
になりますがどうなりますかね。

もっと詳しく知りたい方は、
アノマリーについて、自分で調べてみてください。

◆アメリカの「財政の崖」問題

どうなったんでしょうか?
去年の年末に、どうなるかどうなるかって、決まらず散々引っ張っておいて、

結局2ヶ月先送りしますってことが決まってという話で、
2ヶ月って今月の末ですよね。全然情報が入ってきてないんですが

どうなってるんですかね?

追記:どうやらまた先送りらしいです。
どうなることか。とても心配です。

◆ユーロは、10年ぐらいもたつく

ユーロは、悪いニュースがあまり日本に来ていないと、

すっかりもう良くなったのかな?
と思ってしまいがちですけど、

問題の本質というのは解決されていないので、
本格的に回復ってことはなかなか無いようです。

ギリシャとかイタリアとかスペインとか
地中海側の国の財政は、なかなか健全化しそうにありません。

10年は、もたつくことが予想されます。

アノマリー参考書籍:
年に1度は大噴火! 2倍、3倍当たり前!! 低位株必勝ガイド―毎年上がる銘柄は決まっている年に1度は大噴火! 2倍、3倍当たり前!!
低位株必勝ガイド―毎年上がる銘柄は決まっている

吉川 英一

テンバガーを探せ! 10倍儲かる低位株投資術 仕手株でしっかり儲ける投資術 2時間でわかる 短期10倍銘柄の見つけ方 年収360万円から資産1億3000万円を築く法 とことん稼ぐ低位株攻略ガイド---3倍高もある! 急騰低位株に乗ってドーンと殖やす。





sponsered link
posted by やすボーイ at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株レポ特集記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。