メルマガ購読・解除
株式投資の王道 バリュー投資で着実に富を増やす
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 
★無料メルマガ始めましたっ(^ω^)! ブログにはでない丸秘情報もあります。
また登録しておくと、更新情報がすぐに分かって、すっごく便利です!(^ー^)

2013年04月04日

日銀2年で、2%の金融緩和策発表

日銀が、2年で、2%の金融緩和策を発表しました。
・「物価上昇率を前年比2%に」を実現するための期間を「2年程度」と明言
マネタリーベースを「約2倍」 現在の138兆円から270兆円に拡大
長期国債の買い入れも進め、対象とする国債の残存期間を「2倍」強  3年弱から7年 に延ばす
その結果、

10年国債利回り急低下。
円安ドル高進行し、
株も今日大幅に上がり
ました。

下がってきた頃に、発表するっていうのは、
うまいですね。いいタイミングです。

今後日本はどうなるかというと・・・
 
自民党は、アベノミクスで突き進む意気込みなので、
少なくとも選挙までは、
失速させるようなことはしないですよね。

金利が低くなったことで、
お金が投資に向かうのでプチバブルが、
起きる
かもといった感じです。

政策はインフレを起こそうという政策です。

今までは、デフレでしたから、預金として持っていたら、
どんどん価値が上がっていた訳です。

でも逆に、インフレになれば、お金は銀行に預けていても、
価値は下がるばかりですから、
増えるようなところへ移動しようとするのが普通です。

株やインデックスなどのETFなどに向かうのか
不動産や不動産の投資信託に当たるREITに向かうのか。

それとも、通貨に対して、反対の位置にある
商品に向かうのか?

不動産も実物資産なので、商品のカテゴリー
に含まれます。

日本人の傾向としては、
比較的安全な資産を求めて不動産に向かうような気もします。
今までも上がってきてはいますが、REITはやはり注目ですね。

円安になるので、物価は上がります。
輸入食品などは、上がります。

そういう意味では、消費は、冷え込むのかそれとも、
景気浮揚間でお金の流れができて、消費がアップするのか

せめぎあいみたいな状態になるんでしょうね。
お金持ちは、資産持っているので、恩恵を受けやすいですね。

一般庶民は、物価が上がるが、給料にはそんなに早く
反映されない
ということになれば、恩恵を受けるのは、
もっと後に
なりそうです。

お金持ちの人たちのお金が動き出して、
その後に、トリックルダウンで、庶民のところに来るかどうかという感じでしょうか。

立場が違えば、同じ日本人でも、
違う境遇が待ち受けてるのかもしれません。


追伸:自分もちょっと経済学弱いところがあるので、
経済学の本を最近読んだりしてます。勉強し直しです(^^)

アベノミクスで日本経済大躍進がやってくる (現代ビジネスブック)
アベノミクスで日本経済大躍進がやってくる (現代ビジネスブック)高橋 洋一
講談社 2013-03-28
Amazonで詳しく見る
リフレが日本経済を復活させる 日本経済再生 まずデフレをとめよ 経済復活 金融政策の失敗から学ぶ リフレは正しい アベノミクスで復活する日本経済 アベノミクスで超大国日本が復活する! 
アベノミクス ― 竹中平蔵×高橋洋一 徹底対談! (中経出版)アベノミクス ― 竹中平蔵×高橋洋一 徹底対談! (中経出版)
竹中 平蔵 高橋 洋一

やせる!運動編 (1コインキンドル文庫) 日本人なら知っておきたい TPP 環太平洋戦略的経済連携協定 投資大全 アメリカは日本経済の復活を知っている グーグルの72時間: 4




sponsered link
posted by やすボーイ at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株レポ特集記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。