メルマガ購読・解除
株式投資の王道 バリュー投資で着実に富を増やす
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 
★無料メルマガ始めましたっ(^ω^)! ブログにはでない丸秘情報もあります。
また登録しておくと、更新情報がすぐに分かって、すっごく便利です!(^ー^)

2013年06月13日

実学入門 経営がみえる会計 勝間さん推奨本

453231867X実学入門 経営がみえる会計―目指せ! キャッシュフロー経営
田中 靖浩
日本経済新聞出版社 2013-02-19

勝間さん推奨本(10倍勉強法より)

内容的に入門書だがしっかりした本。
そこまで難しくはないと思う。

アマゾンリンクは、第4版で新しいものですが、
初版は1999年に出されたもので内容も変わってないみたいです。

例などは少し古い情報が多いですが、
14年経っても内容が通用するということは、

本質をうまく説明しているからではないでしょうかね^^

 〜 読んだメモ 〜

1章 明日が見えない日本

増収増益 減収増益 増収減益 減収減益
 収=売上 益=利益

日本の経営者が強く意識するのが経常利益
 なぜ?みんながそうだから

販管費(販売管理及び、一般管理費) 俗にいう営業コスト

典型的なバブル崩壊後の日本企業の損益計算書=含み経営

簿記を学んでも会計はわからない
 日商簿記1級がわかっても経営分析はできない。

初級簿記では個人商店の取引が前提。

ビジネスランゲージとしての会計知識が必要!


2 企業を映し出す鏡

ビッグバン

財務諸表からは何がわからないかを知っておくことも大事

キャッシュ・フロー ROE

なぜ財務諸表をつくるのか
 現状を知るため

財務会計 外向き
管理会計 内向き

わざと赤字にする会社が中小企業を中心に多い
 財務書のことだけ考えて数字をいじり始めると経営者でさえ自社の経営状態がわからなくなる。

会計がわからんで経営ができるか
稲盛和夫の実学―経営と会計稲盛和夫の実学―経営と会計
稲盛 和夫

日本経済新聞社 2000-11-07
売り上げランキング : 295

Amazonで詳しく見る


大企業と中小企業の会計ルールは違う

 中小企業は非公開
 特に、中小企業について財務諸表は全て正しいという安易な思い込みは危険

国際会計基準 公開企業 グローバル化

インサイダー マーケットの公正性 流説の流布

ディスクロージャー(公開)で会社を良くする

 公開に耐えられる企業
 IR インベスターリレーション

3 投資とリターンという基本に帰ろう

日本企業の生産性が低いわけ

3勝7敗から7勝3敗の時代に変わった。
 新しい事業は大抵の場合失敗する。

ギャンブルで勝つ秘訣は、やり続けないこと
 少し買ったらさっと引き上げる

投資とリターンを考えない文化

 高い成果をあげても給料が変わらない⇒サラリーマン

経営・会計の基本は、「投資とリターン」

リストラ 事業の再構築

取得原価主義 時価主義

4 投資とリターンを移す決算書

損益計算書 PL 原因 フロー計算書 (期間ベース)
貸借対照表 BS 結果 ストック計算書 (時点ベース)
 貸方=右側 どこから資金を持ってきたか? (調達)
 借方=左側 何に使ったか? (運用)

自己資本=負債
他人資本=資本、株主資本

欠損金 債務超過

5 投資する金をいかに集めるか

大量の小口出資者から少額の資金をかき集めるための仕組みこそが株式会社
 細かく分ければ金は集まる
 小口化

間接金融 借入金 銀行を介する
直接金融 社債 個人から直接

マーケットか非マーケットか
 銀行調達からマーケット調達にシフト

余剰金はいくらあるのか

6 金を生む投資をしているか

金を生んでこそ資産

在庫と設備投資の価格は「取得原価主義」

金を生まない不良債権
 取得原価主義の弊害
 問題を先送り 隠し続けてきた

有価証券について時価主義が採用される
 自由度はぐっと減少
 都合のいい含み経営は不可能

オフバランスとは何か
 ゼネコン倒産事例
 オフバランス負債 BSに現れない負債
  退職金支払いの準備不足
  デリバティブの失敗
 オフバランス項目は、実際の現状にルールが追いつかないことから生じる
 ルール改正⇒オンバランス化へ!

7 会社の実力をはかる

損益計算書の本質
 収益−費用=利益(または損失)

原価率

粗利 付加価値に比例する
 トヨタ 15%
 ビール業界 20%
 大手商社 2%程
  差別化できず、出し抜くのが難しい どこが輸入しても同じ
 任天堂 40%

製造コスト 営業コスト
営業利益 経常利益 財テク

8 キャッシュフロー経営の出発


三匹の会計妖怪
 減価償却
 繰延資産
 引当金

支出⇔収入のタイミングずれる
 タイミング変換

在庫と売掛のズレ

経営上の2つのチェック
 利益を稼げる体質にあるか?付加価値の高い商品か?
 お金の状態はどうか? 仕入れ過ぎ 作りすぎてないか?
  在庫が会社を潰す

交際費は損金不算入
 会議費は損金算入が認められます。

税務申告書 (益金・損金)

9 儲ける仕組みをどうやってつくるか

費用対効果 ブラックボックス
 インプット⇒ ◆ ⇒アウトプット

偶然ではなく必然に儲ける

変動費中心型 重厚長大メーカーに代表されるこれまでの工業化ビジネス
固定費中心型 情報ビジネス ゲームソフトウェア業界
 ハイリスクハイリターン ぷよぷよの会社「コンパイル」⇒倒産

損益分岐点

マクドナルド100円バーガーの成功
 商品の変動費率が低い
 値下げによって販売数量が大幅増加
 固定費の比率が大きければ大きいほど「販売数量の見込み」によって売価が変わってくる

管理会計の究極⇒利益の極大化
 「儲からないことをやってもムダ」という合理主義が根底に
 撤退は重要な選択

10 効率の良い経営をしてるか

日本のROEが低い理由は、無意味に多額の株主資本を抱えながら、
 低収益投資を継続してきたことにある

DCF法 ディスカウントキャッシュフロー

処理をこなす能力だけで人間が評価される時代は終わった。
「未来を予測する読みと勇気」が勝負を決める。

◆読んだ感想

は、またあとで書きます^^;



sponsered link
posted by やすボーイ at 06:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■会計・財務諸表本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。