メルマガ購読・解除
株式投資の王道 バリュー投資で着実に富を増やす
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 
★無料メルマガ始めましたっ(^ω^)! ブログにはでない丸秘情報もあります。
また登録しておくと、更新情報がすぐに分かって、すっごく便利です!(^ー^)

2013年07月14日

田原総一朗責任編集 2時間でいまがわかる! 絶対こうなる!日本経済

田原総一朗責任編集 2時間でいまがわかる! 絶対こうなる!日本経済
田原総一朗責任編集 2時間でいまがわかる! 絶対こうなる!日本経済竹中 平蔵 榊原 英資 田原 総一朗
アスコム 2010-06-21

Amazonで詳しく見る
2時間でいまがわかる! 日本経済こうすれば復興する! (2時間でいまがわかる!) 世界同時不況がすでに始っている! (2時間で未来がわかる!) 田原総一朗責任編集  それで、どうする! 日本経済 これが答えだ! (2時間でいまがわかる!) 竹中先生、日本経済 次はどうなりますか? (田原総一朗責任編集 オフレコ! BOOKS 2時間でいまがわかる!) 構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌
いや〜勉強になります^^
〜 読んだメモ 〜


◆一章 アメリカ中国はこれからどうなる?

リーマン・ショック アメリカ発の金融パニックなのに なぜ日本だけが負けたの?

90年代 GDP比 輸出比率10%だったのが、 十数%まで上昇していた。
 それがしぼんだから 03~07年外需依存になっていた。

二番底は回避できそう?

グリーンんスパンは、「100年に一度か50年に一度くらいになるかもしれない」といった。
 麻生太郎は、「100年に一度の経済危機」といった


◆2章 日本経済のここが問題

一人あたりGDPは23位、国際競争力は27位に

日本のビジネスモデルが時代遅れになった

policy to help 救済
policy to solve 解決

弱い企業がゾンビみたいに生き残ってしまった。

日本はゾンビ企業がシェアを分けあってる
国内線で消耗 外に行く力がない

M&Aを繰り返していくのが普通
 再編が進まなかった理由 持ち合い株

競争力をつけるための最良の方法は、競争すること
 弱い部分をもっと競争させよう 
 農業、医療、教育などを自由化して活性化!

東京が国際金融センターになれない理由
 英語ができないから
 共通語である英語のインフラが弱すぎる

猫も杓子もコンプライアンスのエクスキューズ国家

シューペンター「資本主義はその成功故に失敗する」
 イノベーションを生む力を失う 組織が膨らみ官僚化する
 だから資本主義は滅びる

民間でもとんがった人が切られる
 ちょっと枠を外れたような人はみんな切られる コンプライアンス


◆3章 技術で勝って商売で負ける日本

技術のオープン化(モジュール化)
ブラックボックス化

ワンセグメントでいいのに全部やろうとする

デバイス 特別に付加価値の高い部品

原発技術
 東芝 加圧水型原子炉
 日立 沸騰水型原子炉
  技術は持ってるのに韓国の下請け

マーケティングが下手

日本の成功事例
 乗用車とデジカメ
  簡単にモジュール化できない
  部品館の微妙なすり合わせが必要

良い物さえ作れば売れるは大間違い
 オーバークオリティー
 ガラパゴス化⇒規格⇒国際化

最終製品ができない
 パーツは日本の部品が使われてる
 システム設計の発送が歴史的になかった
 ストラテジー

オールジャパン体制が必要

アメリカも中国も二枚舌。うまい

日米経済摩擦、日米構造協議はアメリカのいちゃもん
 アメリカの国内問題

内国民待遇違反 アメリカは郵政問題で日本をWTO提訴

亀井 小泉竹中の言うことに全て反対


◆第4章 これから儲かる成長するビジネス

それでも内需拡大が必要

輸出依存度17.4%新興国よりも低いなぜ?
 日本を牽引んする大きな輸出企業が多い
 だけど全体からすると内需

二重構造 輸出制限ありなし

改革が進んで成長期待が高い時は内需のウエートは高くなる。

自動車の時代はもう終わった
 電気自動車でモジュール化が急速に進む
 衰退産業

デフレ中毒

新しい産業が出てきていない
 グーグル ipad ヤフーなどのようなものが出てこない

田中角栄が主張した「均衡ある国土の発展」はもう無理
 人口を集約する国土製作に転換するしかない

発展を阻害する規制
 社会保障 健康 医療、農業、教育
 既得権益者

ベンチャーキャピタルといったものがあまりない

農業
 規制によって新規参入を阻止してる
 農地法 戦後に作られたもの
 既に農民である人が50%いなければ参入もできない
 大企業が農地を買おうと思ってもできない

日本の銀行はリスク管理をやったことがない
 自前で金融商品が作れない 終身雇用 規制
 昔の銀行 お金の宅配業
 
土地という特殊な資産
 リスクなど一切お構いなしにとにかく土地さえ持てばよかった

日本 農耕民族 狩猟民族的な投資銀行がうまくいかない
 リスクを取らない 安全第一

狩猟民族 (とくに遊牧民族)
 トップは斥候を放って情報を収集し、命がけの決断をする

日本にはCIAがない
 CIAが分析する情報の7割が公開情報。
 
グローバリゼーションは情報が命
 グローバル教育をやるべき チョイスではなくファクト

大企業の経営者は地位の安定化が目的に

通産省出身の村上
 プライベート・エクイティーファンド
 物言う株主がチェックする
 村上ファンドを作って物言う投資家になろうとしたが今は、悪者

ホリエモンも検察にやられた
小泉竹中が悪者にされるのと同じ構造


◆第5章 日本は破産なんかしない 

(この辺から対立)

スウェーデン型の福祉国家は無理
 日本は人口が多い

榊原:ヨーロッパ型を目指すべき
 フランス・ドイツ型 「フランス型の大きな政府」
 大きな政府でやっていくと税金を上げないといけない 消費税

ヨーロッパは分配の国 アメリカは成長の国(フロンティア精神)
 ノブレスオブリージェ 貴族の高貴なる義務
 フランス消費税20%

自由化 放送・通信も

タックスイーター タックスペイヤー

竹中:榊原さんや民主党を見てると、とんでもなく大きな政府になる恐れが強い

国債は大丈夫?
 日本はアルゼンチンじゃない
 日本国が破綻するなんてことは少なくとも50年は考えなくていい

アメリカスウェーデン
 どちらも優れた教育を持っている

日本
 競争もなければ、女性もなく教育制度の水準が低い。

国民負担率 
 ヨーロッパ
  スウォーデン65% フランス60% ドイツとイギリス50%
 アメリカ
   35%と低い
 日本 
  40%〜50% ⇒ フランス型の60%へ?

◆絶対こうなる日本の政治

民主党の問題点
 マクロの経済政策がない先進国って世界にあるか?ない
 政治主導と言う名の素人主導

重商主義
 政治主導
 官僚主導 ⇒ 必ず天下り先の確保みたいな形になる

アマチュア政治をやめて専門家を起用
 国際的な人脈のある専門家

島国根性 既得権益を失う人はなんとか潰そうとする

キャリア制に変わる人事評価システムを
 規制はゼロでいい
 中途採用をどんどんやればいい

国会に縛られる閣僚、国会議員
 アメリカの閣僚は、ヒアリングで呼ばれない限り議会に行かない
 イギリスの国会は党と党が議論する場

◆絶対こうなる10年後の日本

トマス・ホッブスの「リバイアサン」
 人間社会は万人の闘争状態

アダム・スミスの国富論 
 市場が機能していれば大丈夫
 神の見えざる手

竹中 2つの提案
 都市・環境立国
  都市と環境で食べていく
 アジアゲートウェイ宣言
  航空や港湾をもっと開き移民も受け入れアジアの成長を取り込んでいく


グローバルな人間が育てば10年後の日本は変わる
 竹中 エリート教育が重要

1、英語は当然きちんと勉強
2、できるだけ早い時期に海外へ
3、なんでもいいからプロフェッショナルになりなさい

「私が君ぐらいの年齢だったら間違い無くインドに行く」

◆読んだ感想

また後で^^;











sponsered link
posted by やすボーイ at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■経済学本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。